• トップ
  • 腸内フローラとは?
  • 動画「食と健康を考える」
  • 腸研究ものがたり
  • 腸活4週間チャレンジレポート

腸内フローラとは?

森永の研究世界観

最先端の研究で、私たちの健康をつかさどる大切な存在だとわかった「腸」。さらにその腸内には「神秘の花畑(フローラ)」がありました。様々な腸内細菌たちが作り上げる「腸内フローラ」とは?

腸内フローラとは?

ヒトは37兆個の細胞から構成されていると言われていますが、大腸にはその数倍、数百兆個もの細菌が棲みついています。これらの細菌が腸内にびっしりと生息している状態は、まるで植物が群生する花畑の様子であることから、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれており、近年の研究から、その種類は1000種類以上ではないかと考えられています。
腸内細菌は複雑な共生関係を構築しており、その複雑さゆえに思うような研究が進んでこなかったのですが、ここ数年における遺伝子解析技術の革新により、世界中で腸内細菌の研究が飛躍的に進んでいます。

ビフィズス菌は、老化とともに菌数が減少

体にとって様々な良い働きをするビフィズス菌は、腸内細菌の仲間です。乳幼児の腸内では特に菌数が多く、加齢とともに割合がどんどん減少していくことが知られています。
腸内細菌のバランスは、加齢も含め様々な要因で変動することが知られていますが、食事の影響が大きいことからバランスの良い食生活が腸内環境の維持に重要であると考えられています。

  • ビフィズス菌を詳しく紹介!ビフィズス菌研究所